「ギャンブル」と聞いて思い浮かべるのは、何時間もスロットに没頭したり、ポーカーで相手を打ち負かしたり、クラップスで良い目が出るように祈ったりと、楽しい時のことばかりではないでしょうか。確かにギャンブルが楽しいのは事実ですが、マイナスな面もあります。それは健康への悪影響です。ギャンブル自体が直接健康に悪影響を及ぼすわけではありませんが、常連ギャンブラーの約75%が、今回ご紹介する3つの健康問題を抱えていることがわかっています。

ひとつめは、姿勢の悪化です。これは、長時間座りっぱなしでプレイしがちなギャンブラーに起こる問題です。カジノで長時間座ってプレイしていると、背中や腰、首に負荷が掛かって痛みが出できます。これが続くと、後年になって怪我のリスクの増加、生産性の低下、代謝の低下、さらには呼吸器疾患などを引き起こす可能性があります。姿勢くらいでそんなに問題が起きるはずがないと思われるかもしれませんが、この問題には、できるだけ早く対策することが肝要です。

実は、多くのプロのギャンブラーが、カジノに自分の体に合った椅子を持参しています。両足をしっかり床につけ、お尻と肩のラインがまっすぐになるように座りましょう。定期的に立ち上がって、少し歩き回り、リフレッシュするようにしましょう。また、最低でも30分に1回はストレッチするのもお忘れなく。正しい姿勢を取ることで、問題を予防することができます。

ふたつめの問題は、頻繁なカジノ通いによるアドレナリンの過剰分泌です。当然ながらアドレナリンは外部から摂取するものではなく、過剰な興奮によって体内で分泌されるものです。映画などで、ジャックポットを当てて倒れこんでしまう人を見たことがあるかもしれませんが、これは決して作り話ではなく、実際にジャックポットを当てた人が、想像を超える事態に直面して卒倒してしまうというのは、よくあることです。このような事態は、心臓に悪影響を及ぼすこともあるので、身体に異変を感じたらすぐに医者に診てもらうようにしましょう。

3つめは、精神的に弱い人が陥りやすいギャンブル問題です。ギャンブルは自己肯定感を損ない、ストレス関連の障害を引き起こし、不安を感じやすくさせるとされています。しばらくすると、食欲の減退やうつの発症なども起こり得ます。多くの人が、ギャンブルのことを考えてしまって睡眠不足になったと報告しています。これは冗談ではなく、残念ながら現代日本における大きな問題です。今日のストレス社会は、年々ギャンブルへの依存を強めており、こうした問題は私たちが気づかないうちに急速に拡大しています。ギャンブルを嗜んでいる家族や友人の行動に懸念を感じたら、上記の情報をぜひ伝えてあげてください。

ギャンブル中は冷静さを保ち、楽しい時を過ごせるように心掛けましょう。それではまた!